女性の薄毛は男性のものとは原因が違うことがあり女性ホルモンの影響もあるかもしれません

女性と男性とでは、どちらかと言えば男性の方が薄毛の悩みを抱えている方が多いと思います。しかしながら、女性でも男性と同じように薄毛の悩みを抱えている方は沢山いらっしゃいます。

その薄毛の悩みの原因の一つとして、女性ホルモンが関係していると言う事はご存知でしょうか。女性ホルモンに含まれるエストロゲン。

エストロゲンは女性の薄毛と深い関係があるのです。妊娠中や出産後にごっそりと髪の毛が抜けてしまったと言う経験はありませんか。

指先で頭頂部の髪のボリュームを確認する女性

それは、妊娠や出産でそれまでのホルモンのバランスが崩れてしまった為に起こったものです。女性ホルモンは卵巣から分泌されているのですが、その女性ホルモンの分泌量や作るための指令を出すのが脳下垂体です。

脳下垂体は非常にストレスの影響を受けやすいので、大きなストレスを抱えている時やずっと慢性的に不安が続いている時、
思いがけないトラブル等で精神的に参ってしまっている時には女性ホルモンを作り出す事が出来なくなります。

女性ホルモンの分泌が出来なくなったり、量が上手くコントロールできなくなると、身体にもその影響がじんわりと出てきます。

その影響の1つとして現れるのが、薄毛という症状です。女性ホルモンの影響で薄毛になってしまった場合、女性ホルモンのバランスがよくなれば症状は改善されます。

妊娠や出産がきっかけで薄毛になってしまった場合は、子宮や身体全体の調子が整ってくるにつれて症状は軽減されるでしょう。

しかしながら、出産後の育児で大きなストレスを感じてしまったり、思うように睡眠時間が取れなくて慢性的な睡眠不足が続いたりするとそれもまた女性ホルモンの分泌を妨げてしまいます。

薄毛に悩んでいる時はどうしてもその悩みを常に抱えた状態で気分が落ち込むこともあるかもしれません。けれども、悩んで考えてしまうこと自体がストレスになることもあるので出来るだけ休息をとって、身体と心をしっかりと休める事が、女性ホルモンが原因の薄毛には効果的なのです。

サイテーション■東京にある女性の発毛のクリニック http://hsclinic.jp/female