最近薄毛が気になっています。頭皮にニキビがあるのですが、薄毛と関係ありますか?

鏡で自分の頭髪の分け目を確認する女性

ニキビの原因について

ニキビは顔にできるもの、という印象がありますが、条件さえ揃えば全身のいたるところにできます。その中でも頭皮は、比較的できやすい場所といえるでしょう。

ニキビができる原因はさまざまですが、剥がれ落ちた角質層が皮脂とともに毛穴につまることが直接的な原因となることが多いようです。

つまった毛穴には雑菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こしてニキビとなっていくのです。毛穴は、文字通り毛が生える穴。毛穴が炎症を起こしていては、元気な髪の毛が生えにくいばかりか、今生えている髪の毛さえ抜けやすくなってしまいます。

角質層がつまる理由

ではなぜ、本来はスムーズに剥がれていくべき角質層が、毛穴につまってしまうのでしょうか?頭皮も含めた皮膚は、真皮の奥で日々新しい細胞が生まれ、数日かけて表面に上がってきて角質層となり、剥がれ落ちていくというターンオーバーを繰り返しています。

このターンオーバーのリズムが狂うと、剥がれ落ちるべき角質層がいつまでもとどまったり、逆に未熟なうちに剥がれ落ちて皮膚表面のバリア機能が弱まったりと、皮膚トラブルの原因となります。

これがニキビができやすい環境なのですね。ターンオーバーが狂う原因は、皮膚の乾燥やストレス、栄養不良など、体調に影響するすべてです。

つまり、体が健康であればターンオーバーも整い、ニキビもできにくくなるのです。

元気な頭皮を取り戻そう

薄毛とニキビの関係がわかったところで、頭皮の状態を快復するケアをしていきましょう。それには、頭皮のターンオーバーを整える必要があります。

頭皮の乾燥を防ぐために、髪の洗いすぎを避け、シャンプー剤の素材も見直しましょう。刺激が強いシャンプーやコンディショナーは、頭皮を荒らして乾燥させてしまいます。

低刺激性のものに変え、洗髪は多くて1日に1回までにとどめましょう。また、カラーリングやパーマなども頭皮を傷めます。ニキビがあるときは控えるようにしてください。

そして生活習慣を整えて、全身の健康を心がけましょう。体力がついて抵抗力が高まると、ニキビもできにくくなります。元気な頭皮は元気な肉体に宿ります。

体調を整えることがニキビ対策になり、薄毛対策にもつながっていくのですね。