■みかんの皮の効果
みかんの皮を干したものは「陳皮」といい、昔から漢方薬にも使われています。血行促進効果や毒素を排出する作用があるので、薄毛の改善にも役立ちます。また、みかんの皮には抗酸化作用の高いビタミンCも多く含まれるため、頭皮の若返りも期待できるのです。

さらに、ストレスなどで男性ホルモンが多く分泌されることによって起こる「びまん性脱毛症(faga)」にも効果があります。みかんに含まれるD-リモネンが、fagaの原因である悪玉男性ホルモン(DHT)を生成する酵素を抑制してくれるのです。

■育毛剤にもみかんの皮
薄毛の予防や改善に役立つみかんの皮は、さまざまな育毛剤に使われています。男性用にも女性用にも幅広く活用されているので、聞いたことがある人も多いでしょう。育毛剤を選ぶ際にチェックしてみてくださいね。

■みかんの皮で手作り育毛剤
市販の育毛剤を使用してもいいですが、みかんの皮を使った自家製育毛剤も簡単に作ることができます。ホワイトリカー150mlに、みかんの皮50gを刻んで干したものを入れ、冷蔵庫で2週間ほど寝かすだけです。皮を取り除き、スプレー容器などに詰め替えましょう。

これを朝晩、頭皮に塗ってマッサージすると、薄毛予防や改善に役立ちます。冷蔵庫に保存し、2週間で使い切るようにしましょう。注意点としては、無農薬のみかんをよく洗って使用すること、みかんの皮は3日ほど陰干しでよく乾燥させること、頭皮にスプレーする前にパッチテストをして、異状がないか確かめること、を守ってください。みかんは種類によってさまざまな効能がありますので、2種類以上のみかんの皮を使うのが理想的です。

みかんの皮はカラカラに干すと日持ちしますので、みかんを食べたときにたくさん干しておくと便利ですね。

■食べても効く?
みかんの皮は、食べても薄毛改善に効果があります。焼きみかんにして丸ごと食べたり、干した皮をミキサーなどで粉末状にしてお茶に入れたり、マーマレードにしてみたり、食べやすいよう工夫してみてください。抗アレルギー効果もあるので、アトピー性皮膚炎による薄毛にもいいでしょう。

身近な食材であるみかんなら、気軽に育毛に取り組むことができますね。